野ねずみの一生!

野ねずみを捕獲した。でも、かわいそうで飼育することにした。赤ちゃんが誕生したのでしばらく観察してみることに。十二支の一番目の動物はネズミなのである。そのねずみの生き様を見よ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子ネズミはヨーグルト大好き!

ヨーグルト大好きみたい

ヨーグルトが大好き  これまで、水でうすめた牛乳に、お砂糖を少し加えて甘くしたものを与えていた。最初は下痢などしていたが、だんだん慣れてきたみたい。そろそろ離乳食にと、試しにヨーグルトを与えた。最初は見向きもしない。そこで、お砂糖を少しいれて甘くしてから与えてみた。おそるおそる食べてくれた。そのとき、ヨーグルトのおいしさに気がついたのか、これまでになく積極的なガッツキを見せた。食べること、食べること。

 今朝、相棒1匹失って、さらに、この子も元気がないので育てる自信もなくしていたが、これでまた希望がでてきた。ヨーグルトをひとしきりなめとると、そのまま手のひらで寝てしまう。なんともかわいい。

おなかいっぱいになると必ず

ヨーグルトが大好き  見よ、この満ち足りた表情。食べているうちに寝てしまった。ところで、ヨーグルトの味をしめてからというもの、エサをあげるのが格段に楽になった。牛乳のときは手のひらといわず、子ネズミの体といわず、ミルクだらけになってしまったが、ヨーグルトは流れないのでとても楽。

 ヨーグルトにしてから、ウンチも黄色いきれいな丁度よい固さになった。元気もでてきたし、なんだかいけそうだ。この子の性格もおとなしいから、うまく育てば、昨年のネズミのようになついてくれるかもしれない。あとは、落としたりしなように注意することだ。体は小さいのに似合わず力がある。泣き声もかん高くて遠くにいても聞こえる。  
スポンサーサイト
  1. 2006/05/23(火) 20:03:14|
  2. 野ねずみの一生!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

野ネズミの赤ちゃん、おトイレタイム!

お食事タイム

手のひらで授乳  子ネズミ拉致から一日が過ぎた。生後10目ぐらいなので、もしかするとこれも衰弱して死んでしまうかもしれない。一応、牛乳を手のひらで すすらせているけれど、それで充分とは思えない。なにしろ母乳ではないから。

母乳にはその種の動物の必須養分が完全に揃っているだろ うから、万一、これで成長しても、将来必ず、虚弱体質とかになるに違いない。子ネズミはかわいいのでこのまま大きくならなけばいいと思っ たりする。娘も子ネズミのあまりの可愛さにごらんの通り。
「あたしが、ミルク飲ませる。」



手のひらで授乳 Moth:「そんなことしてもダメだよ」
Daug:「え、じゃどうするの?」
Moth:「片方の手で子ネズミを持って、ミルクに口をつけてあげて。ただし、鼻にミルクがはいらないようにね。おぼれて死んじゃうからね。 」
Daug:「ひゃー、こわれそうで、こわいわ。」
Moth:「だいじょうぶ、だいじょうぶ、少々乱暴に扱ってもけっこう丈夫みたいよ、だってネズミのおかあさん結構踏んづけたりしてるか ら。」
Daug:「びくびくしてたら、落っことしそうだ」



おトイレタイム

手のひらで授乳  お食事タイムのあとはおトイレタイム。野ネズミの赤ちゃんは下痢でもしないかぎり自分から排泄しないみたい。なのでお母さんネズミの真 似して赤ちゃんネズミのお尻をチョンチョンと刺激する。すると、両足をきちんと上にあげて頑張る姿勢。くるぞくるぞ、白玉の露のようなおし っこがまあるくなって出てきた。お尻を刺激するとつまよう枝の先のようなちいさいウンチもでてきた。とてもお行儀がいい。巣の中はほとん ど汚れない。みんなお母さんネズミがこうやって処理するんだな。


 ところで、ミルクを飲んで排泄したあと、放っておくと母親を探しているのかまたミルクを飲みたいのか必死に何かを探して這いまわる。手 でつかむと安心したように手の中で手足をピクピクけいれんしながら寝る。やはり、ミルクを飲んだらママのぬくもりの中でぐっすり休みたい ようだ。人間と一緒だ。やっぱり赤ちゃんはスキンシップが必要なんだな。
  1. 2006/05/20(土) 10:31:44|
  2. 野ねずみの一生!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ママのお乳はどこだ?

ママのお乳はどこ?

手のひらで授乳 なかなか授乳がうまくいかない。プリンターインクの空きボトルに牛乳を入れて、点滴口から飲ませようしてもダメ。しかたなく手のひらに牛乳を少し貯めて子ネズミを這わす。口に牛乳があたるとパクパク、ぺろぺろとなめる。気管に入ったりするようで、鼻から風船をだしたり、咳き込んだりする。でも、手のひらの牛乳がなくなっていくので、子ネズミの体内にはまちがいなく入っていくのだろう。


 しかし、いたく不満のようである。必死に指と指の隙間など他の場所を乳首を求めて探し回る。口についた牛乳はしかたなくなめ取るようだが、その味にも満足はしていないらしい。。

手のひらで授乳 どれくらいの量を、どれくらいの頻度で、どれくらいの間隔で飲むのか、把握できない。夜寝るときは軽く5~6時間1匹のまま放置するのだが、大丈夫か?人間の赤ちゃんでさえ、生まれてまもなくは2時間置きにミルクをおねだりするぞ。なので、気がついたときに適当に授乳することにする。この子ネズミを拉致してからほぼ一日が過ぎた。きっと他の兄弟に比べたらきっと見劣りするに違いない。

 ママのお乳と牛の成分調整牛乳とでは、その含有栄養に歴然とした差があるに違いない。牛乳ばかり飲ませていたら、そのうち「モオ~」と鳴きだしたり、角が生えたりはしないのか?

手のひらで授乳 ひとしきり、飲んだら、寝る。全身、牛乳だらけになっちゃった。さすがに濡れるのは嫌いらしい。不愉快そうに、濡れた場所から避難する。とくに顔の付近が汚れるのをきらい、手で顔を洗うしぐさをする。手のひらのぬくもりは好きらしい。ミルクを飲み終えるとすぐ横になったり、はいつくばって寝る。

 何故寝たとわかるのか?それは寝ると、手足がピクンピクンと動くからだ。それから口もムニャムニャする。これは、我が家のワン公と一緒だ。抱いていて、寝たら、すぐに「あ、寝やがった。始まった始まった。ピクンピクンが。」
 こいつもワン公とおんなじだ。夢でも見ているのか、ときどき全身がピクンと動く。それはそれは手で握っているとせわしい。しばらくすると目が覚めて指と指の隙間などに顔をつっこもうとしたりミルクを探すような動作をする。

 どうやら、この時期の子ネズミのすることと言えば乳を飲んでは寝、寝ては乳を飲みむをえんえんと繰り返すことらしい。ところで、この子ネズミ達は親の合図なしに糞尿をしない。この野ネズミの巣の中はけっして子ネズミ達の糞尿にまみれてはいない。どの子ネズミの体もビロードのようにきれいでツヤがある。親ネズミが子ネズミの股間をなめてはじめて糞尿をする。次回はその様子を写真にとりたい。
  1. 2006/05/19(金) 06:31:10|
  2. 野ねずみの一生!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。